2013年02月17日

Donald Byrd / Fuego

 Donald Byrd 師匠の訃報を見まして。
 今月初めだったそうです。


 Tp で云えば、
 私の中では
 Lee Morgan, Freddie Hubbard
 に比べて、多少「お気に入り度」は落ちるのですが
 それでも
 Blue Note におけるリーダーアルバムは大体聴いてますし、
 サイドとしても数々のアルバムに参加してはりますので
 そうなると
 かなりの演奏を聴いてる訳で。
 などと思うと、
 やはり寂しいもんがあります。

 とくにタイトルは
 多分、Byrd 師匠で最初に買った CD で
 今も結構好きな1枚です。


 って事で
 久し振りにピックアップコメントをば。

  1. Fuego
  
  そもそも、Fuego ってのはグアテマラの活火山らしく
  去年も噴火して1万人以上が避難したりしてるようで。
  そんな状況を知って暢気なもの云いは非常識かもですが。
  でも、
  テーマ、格好いいすね!
  ドラムの激しさといい、
  2管のロングを主体としたメロといい、
  なかなかこういうアレンジは他にないと思いますね。
  意味が火山の事と知ると、
  演奏者の勢いがまさにそれを感じさせます。

  2. Bup A Loup
  
  これも面白いテーマですね! ブレイクの入れ方とかよく考えられてます。
  そしてソロに入っても、
  アップビートの中で、それぞれいい演奏です!

  4. Low Life
  
  この曲は師匠が Messengers に居た事を感じさせる
  まさに "Messengers マナー" 全開の曲です。
  とにかく安心して聴けます。

  5. Lament
  
  私はこの旋律が気にいってまして。
  いわゆる日本人好みの哀愁ってやつなのかも知れないですが
  とてもいいですね!
  訃報を聴いて真っ先にこの曲を聴き直しましたが、
  多分 Byrd さんも、そもそもは誰かの事を偲んでこの曲を作ったのかもですね。


 こうやって久し振りにアルバムを通して聴いてみると
 最後の曲が 6. Amen ですし、
 Donard Byrd ファンは、
 もしかしたら本アルバムを聴いて追悼された方多いかもですね。

 とはいえ、
  6. Amen は聖者の行進ばりに明るいので、
 私としては
 そういった雰囲気で師匠を送りたいと思います。

 
posted by ta at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月05日

Prince / Breakfast Can Wait

 前々回、
 殿下関連で Andy Allo はん取り上げたとこですが、
 ここに時折コメントをくれはります
 sawa さんのブログを見ますと、
 以下のような、どうやら新曲らしいものが……

  
  いやぁ〜〜〜、よろしいなぁ〜〜〜!

 久々に "本領発揮" な感じやないでせうか!
 Andy はんの前に投稿した
 殿下のシングル
 Rock And Roll Love Affair
 を聴いた時は、
 『次回作も全体的にこんな路線なんやろな…… 』
 と期待をそこそこにいたんですが。
 これは俄然、
 期待大になってきましたよ〜〜〜!

 まぁ、
 だからって Rock And Roll Love Affair みたいのがあるので
 往年の名アルバム
 Aroud The World … 〜 Lovesexy
 みたいな事を期待すると
 痛い目にあいそうですし
 期待はソコソコのフォーがいいのでせうが……

 とは云いつつ、
 やっぱり、ちょっとは楽しみすね!

 殿下っ! 頼んますよ〜〜〜!

 
posted by ta at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。