2009年01月03日

08 ベストアルバム!

 皆様、あけおめです! m(_ _)m
 昨年はボーカル師匠を迎え新体制で臨んだのもあり、所謂 "序の口" 程度な動きだったか・・・と思われますが、今年はそんな準備段階も終えて、いよいよな予感であります(って、準備途中な事はまだあるんですが・・・)。
 それに本ブログにも、身内ではない新しい方からコメント頂いたりして、国内や海外にも通じてると云うネットの実感を改めて得たよーにも感じております。
 
 それで。
 確か昨年から始めたタイトルな企画を今年も行ってみたいと思います。
 当初「出来るだけ新譜を」と云う意図でお送りしてきてたんですが、なんか年々そーもいかなくなって来てまして・・・
 また旧譜の中にも聴けてないものは数多ある訳で・・・
 そーいう事もあり「発売年に関わらず昨年聴いたもの」と云う括りでお送りしております。
 さて、ザッと振り返って
 『こら、好かったな!』
 と云うものをピックアップしますと、
 ・The Pointer Sisters / Don't It Drive You Crazy [2008-02-29]
 ・Angela Johnson / A Woman's Touch - Vol 1 [2008-03-14]
 ・「あしたの、喜多善男」オリジナルサウンドトラック [2008-03-18]
 ・Horace Silver / Live At Newport 58 [2008-03-24]
 ・Lionel Loueke / Karibu [2008-05-09]
 ・Liv Warfield / Embrace Me [2008-06-03]
 ・Myron & The Works [2008-06-16]
 ・The Headhunters / Return of the Headhunters ! [2008-07-13]
 ・Joe Sample & Lalah Hathaway / The Song Lives On [2008-07-31]
 ・Luciana Souza / Duos II [2008-08-07]
 ・Dee Dee Bridgewater / Love And Peace: A Tribute To Horace Silver [2008-08-17]
 ・Gonzalo Rubalcaba / The Trio [2008-08-28]
 ・Sade / Lovers Live [2008-09-07]
 ・Cassandra Wilson / Loverly [2008-09-23]
 ・Maria Rita / Samba Meu [2008-11-23]
 等々ございました。
 もちろん上記は全部ではありません。
 しかし、こー見てみると中々当たり年やったよーに思えます。
 まぁ、各々の細かい解説はリンクを辿って頂くとして、早速ベスト5の選考に入らせて頂きます。

 まずは "ベスト4と5"(順位は、よーつけんです)。
 ・The Pointer Sisters / Don't It Drive You Crazy [2008-02-29]
 ・Angela Johnson / A Woman's Touch - Vol 1 [2008-03-14]

 「The Pointer Sisters / Don't It Drive You」
 これなんか70年代発売ですが、ここ数年の TIDA での起用と、数年前の CD 化により、私の中では完璧に復活って感じです。アルバムのその他の曲もなかなかいいんです、これが。
 このアルバムの正式タイトルは「Having A Party」で、どーやらこのタイトルからすると、アルバムとしての投稿はまだなよーですんで、また機会を見て書こーかと思います。

 「Angela Johnson / A Woman's Touch - Vol 1 」
 これが意外と好かったですね。大半打ち込みなのが勿体ない気もしますが、Angela のオリジナルを様々なアーティストが歌うと云う企画も素晴らしく、そのキャスティングを本人が手掛けたかどーかは知りませんが、中々ハマってます。
 まぁ tr.9 Play (Feat. Frank McComb) と tr.14 Cryin' Over You Ft Tricia Angus & Lisala だけでも価値はありますし、その他も Angela の曲の魅力を大いに堪能出来ます。


 そして "ベスト3" (これまた順位はつけれません)。

 「Liv Warfield / Embrace Me」
 何も云う事ないですね。
 ボーカル好きな人はもちろん、楽器演奏者の方々にも充分応えてくれる内容です。
 曲の凝り具合を云々・・・と云う方も居るのかもですが、私なんかには充分すぎるクオリティだと・・・。

 「Gonzalo Rubalcaba / The Trio」
 改めて、これはスゴイですね。
 とにかく聴き始めたら終わるまで、聴いてまうでせう。
 しかし、この緊張感は・・・ 絶句すね。

 「Maria Rita / Samba Meu」
 本来は去年に取り上げるべき作品なんですが・・・
 とにかく隙が無しすね・・・
 バックはもちろん、ボーカルの存在感といい・・・
 全体のグルーヴも恐ろしいですし、ただただ平伏ですね。

 となりました。
 一応、4位5位と1〜3位、分けはしましたが、どれが1位でもおかしくない、と云うのが素直な心境です。
 未聴なアルバムがある方は、この機会に聴いて頂いて、是非、感動を分ち合いませう!(笑)

 と云う訳で、
 昨年同様 "本ブログ" と "ンデ" を、本年も引き続きよろしくお願いします! m(_ _)m

posted by ta at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。