2013年04月23日

ta's レポート;iTunes 11 Cover Flow 問題

 Tower の発行するフリーペーパー
 「intoxicate」
 で毎号楽しみにしているコラム
 「冨田ラボの nudge! nudge!」
 の #102 の vol.33 で、
 iTunes 11から Cover Flow が廃止された
 事について取り上げられていた。


 iPod や iPhone で聴く分には
 ジャケ写があれば、
 Cover Flow まではいらん、っちゃあいらん。
 
 CD が売れない昨今
 Album に対する価値観も薄れ
 ジャケットに対するアートな想いも
 さほどなくなって来ているみたいだし
 その内ジャケット自体、
 どーでもいい
 ってな状況になってしまいそーで、なんか寂しい。

 個人的には
 Album 1枚手に入れると
 表ジャケットはもちろん
 裏ジャケ、中ジャケ、
 使われている文字や写真、
 盤面のデザイン、
 果てはライナーノーツの内容からレイアウトまで
 全部楽しみにしているくちなので、
 本来は "形あるモノ" として持っておきたい派なのですが。

 データで音楽を聴くのが普通になり
 手にとる事の出来ない Cover Flow ってのは
 はじめは当然もの足りなかったのですが、
 面倒でもジャケット画像を自分で吟味選択して追加するのが
 意外と楽しかったり。
 そうやって集めたジャケット画像は
 Cover Flow を使えば目的の Album まで
 カードをパラパラと繰るようにして
 簡単に目的の Album を表示させる事ができたり
 ジャケット画像の数が増えてくると、
 その整然と並ぶ Cover Flow の壮観さに、
 音楽を聴きながら "悦に入る" みたいな。


 まぁ、なんやかんや云うても
 iTunes 11 は、そういう状態らしいので、
 iTunes 12 での Cover Flow 復活を祈りつつ
 しばらくは iTunes 10 を使っていく事になるんでせうねぇ〜
posted by ta at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Ndenua & ta's Live info | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/357054156
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。