2010年10月25日

日清 ラ王

 たまには音楽から逸れまして……

 「ラ王 発売終了!」
 のニュースに嗾され購入してました旧作を、
 ようやく食しました。

 発売当初は
  ーー 画期的なもんが出よった!
 と思ったし、
 実際味も感動したもんでしたが、
 今は、残念ながら&メーカーさんには失礼ながら、
 それほどまでな感動もなく……
 いや、
 でも、美味いのは美味いですよ。

 まぁ、
 終わったと思ったら、
  "速攻新作登場!"
 ってのも、ちょっとケチつけたくなる要因なのかもです……
  ーー ちょっと根ババすかね?(笑)

 と云いながら、
 既にその新作も購入済みで……
  ーー 結局、買うとるんですわ、これが……(笑)
 それを食した後にもブログを書くか分かりませんが、
 ともかく、
 そういう訳なんです。

 しかしこの値段設定、
  200円台半ば
 って、上手い事考えますねぇ〜
 普通のインスタントより高めで、
 ラーメン屋で食べるよりは安い。
 そう考えると、
 やはり、
  このクオリティは感動に値する
 と云えるんでせうねぇ〜

 おおきに、ごっつあんです。

 
posted by ta at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

Cupmen 1 & 2

 数日前、
 なんかの番組でタイトルな "ブツ" を見て。
  『こら、なかなか遊び心あるな!』
 と検索してみまして。
 
 そしたら2種類ある事が判明。
 ・Cupmen 1:Hold on
  17183954.jpg

 ・Cupmen 2:Relax
  phot00.jpg

 こ〜いうキース・ヘリングの絵から実態化したようなもの、
 あるようで、無かったなぁ……
 とか思いつつ、
 どっちの Cupmen もなかなか癒してくれます。

 カラーも両方共3色づつあるようですが、
 フタにふれてる部分が熱によって白く変わっていくのも面白い。
 でも欲を云えば、
 3分かかって全身が白くなっていって、
 真っ白になったら "食べ頃" みたいやと、より楽しいのに……
 と思うのですが。
 まぁ、
 そうすると、税込840円 が、さらにアップしそうではありますね。

 っちゅうか、
  『840円が、まず高いやろ!』
 と云うご意見もあるでせうし、
 そうなってくると、
  『840円分、カップ麺買うわ!』
 みたいな結論になってまいそうですが……(笑)

 そのへん、どうなんでしょ!?

 
posted by ta at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

ウニョン / 放熱ララバイ

 え〜、毎度毎度ですが、
 も〜10月ですか・・・(嘆息)
 早いすね。

 今日は先日放送が終了した ドラマ24「怨み屋本舗REBOOT」です。
 とはいえ、色々あ〜だこ〜だ云えるほど、
 原作から読んでるとか、ではないので、
 ミーハーな視点で云わせてもらいますが、
 木下あゆ美 姐さんの、なんとも妖艶な雰囲気をもつ怨み屋、
 嵌まってたなぁ〜!、と。
 まぁ、通な方からすればそこから色々ご意見もお有りなのでせうが、
 私のレベルでは、いや十分に楽しませてもらえました。
 
 で、
 ドラマの内容で無ければ一体何を云いたいか、
 と云いますと、
 "エンディングテーマ:ウニョン「放熱ララバイ」"
 の事でして。
 これが中々格好よい!
 しかし、
 まず思うのは「ウニョン?」ですが、
 彼女のサイトに拠りますと韓国のお方、とのこと。
 なるほど・・・納得であります。
 それにしても、
 2年前に来日したばかりやそ〜すが、
 歌を聴いてる限りでは、ペさんやチェさんはもちろん、
 もっと云えばユンソナよりも、
 ほとんど日本語に違和感ないよ〜で、やりはりますねぇ〜!

 

 ほんで、
 この PV、ポールダンサーをはじめ全体の淫靡な雰囲気が、なんともすねぇ〜!
 アレンジも、
 ABメロ部分と、イントロ、サビ、間奏とかのメリハリの対比に非常に勢いを感じます。
 サビ前の空間、否!「空白」もいいすしねぇ〜!

 せっかくなんで監督とかの情報を検索したけど、よ〜わからんかったす。
 でも、曲に関しては Tetsuhiko Suzuki って方が作られてるよ〜で、
 私は勉強不足で、この方の名前にピン!と来なかったんですが、
 ご自身のサイトを見るに、
 Hitomi、タッキー&翼、Sowelu、Every Little Thing とかに提供されてるよ〜で、
 スンゴイ人のよ〜です。

 って事で、
 今後はウニョンさんや、Suzuki さんにも、
 アンテナはりながらいきたいなぁ〜と感じつつ、
 本日は、やはり あゆ美 姐さんに肖りまして〆たいと思います。
 「然るべく・・・」



posted by ta at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月30日

ふくらむバンド / ナツノヒ

こないだ夜中になとなくテレビを見てますと、
なにやら "イイ歌" が聴こえてくるやないですか!?
ふと見ると漫才の かまいたち の2人がギターとピアノをやってまして、
へぇ〜〜、韓流の真似(もう古いか・・・)以外に、こんな事やるんやな!
と感心してましたら、
カメラが切り替わって、
なんとも強烈なメインボーカリストが現れまして・・・(笑)
まぁ、その歌声とルックスの素敵なギャップについては、
皆さんご自身でお確かめ頂くとして。
しかし、
このボーカルの江上さんの歌唱力、只者やない・・・
一体いかよ〜な経歴か?
とウィキって見ると、
地元でミュージカルの経験があるとの事、
でまぁ、ははぁ〜なるほど、と。



そして。
気になる作詞作曲情報ですが、これが見当たらない・・・
AメロからBメロへのコード進行や、
Bメロからサビへの流れも、
これぞ J-POP なアレンジでして。
なにやら本人達の作詞作曲らしい・・・
と、云うブログ投稿を何件か見かけましたが、
このレベル、ほんまなんすかね!?
ほんまなら、ただただ脱帽すね〜〜!(拍手)

最後に、
「草履」なるあだ名の山田君、
泣けますなぁ〜〜〜!

posted by ta at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月01日

青春アカペラ甲子園 全国ハモネプリーグ 2008 -6-

 ああ・・・、ついに11月ですか・・・
 ほぼ今年も終わりに近いやないすかぁ・・・
 う〜〜〜ん、毎年云うてるよーですが、あっちゅう間で言葉もない・・・すね。
 って、どーせまた来月も云うんでせうから、このくらいにしときます(苦笑)。

 で本日は、なぜか今頃タイトルです。
 実は、私のブログには5月の時のを投稿してたので、9月放送終了時点から数日はいつもでは考えられないくらいのヒット数でして、正直ビックリ!
 まぁ、そうやってここに辿りついた方の大勢は、誰かわからんやつがウダウダ書いてる文章に出くわしてガッカリして去られた事でせうが・・・(苦笑)
 で、別にそのヒット数をとりわけ気にしてって訳ではない(負け惜しみやないすよ!)んですが、
 『何となく9月のも投稿したいなぁ〜!』
 と思い思い、気がつけば・・・、今になったって訳で・・・ ほんまただの呑気もんです(笑)。

 って事で、サラッと A ブロックから、相変わらずテメエの事は棚に上げて「ひとことコメント」を添えながら勝手気侭に振り返りますが、そこに他意は一切ありませんので、関係者やファンの方がもしご覧になられた際には、お気を悪くされないよーお願い致します。
 とか書くと身近な方々は、
 「わざわざそこまで断らんでも大丈夫やって!」
 と云われるかもですが、いやいやつい先日もアメリカからコメントを頂いたばかり・・・
 ネットは侮れません!
 では。
  A ブロック
 ・男男 -涙のリクエスト-
  いつも思いますが、こーいう勝ち抜けのトップバッターはやはり厳しいす。
  このグループはボイパの方が少し弱かったかな・・・ と。
後、時間制限があるから已むなしやったんでせうが、この曲で B サビが無いのはイタイかな・・・ と。

 ・Link The Light -Dream Land / Bennie K
   女性と男性の声を実にバランスよくミックスして、非常に心地良かったっす。
   ノリもハーモニーも両方活かせる曲の選択も、ポイント高し、でせう。

 ・ソルプ -誘惑 / Glay-
  ご存知?の通り、こっちフォー面は弱いので、アレンジ面とか判りかねますが、全体に勢い重視かな、と。
  東大生だけに知的アレンジを期待してまいましたが・・・ 逆にそこが狙いやったのか・・・

 ・ビッグ☆パフェ -青い珊瑚礁-
  ゴスペルメンバーからメンバーをピックアップってだけあってコーラスの厚さで勝負・・・か。
  ゴスペルならではの力強さはビシビシ来てました。

 ・The Company -勝手にシンドバット-
  楽しいし面白い! でも番組の戦略上参加させられた感が・・・
  なんとなく番組ディレクターの策略が見え・・・ 

 ・大阪ナタデココ -世界中のだれよりきっと-
  今回も女子高生だけの線の細さを感じさせない奮闘ぶりでした。
  アレンジも前回に劣らない出来で、一体誰が考えてるんでせう?
  皆で考えてるのか? 誰かバックにアレンジャーがいるのか!?
  ただ選曲が、音のレンジが広すぎたか、あるいはキー設定が高過ぎたか・・・
  ほんと、こーいう声のみってのは選曲が無茶大事すね・・・

  B ブロック
 ・Ban B Crew -M-
  前回と変わらず隙の無いパフォーマンス。
  「愛のメモリー」でもそーでしたが、やはりベースの安定感が耳につきます。

 ・やきそば☆ Soul -今夜はブギーバック-
  親に無理から・・・ と思いきや、どっこい!
  親御さんの中に優秀なディレクターがいらっしゃるのか?
  しかし最近の子はノリがいい、踊りも上手いし。
  唯一最初のリコーダーでの音合わせは、いかにも小学生らしく可愛かった。

 ・スパークル -気分上々 / ミヒマル
  前回よりアレンジも凝って、アップテンポで楽しい曲を選択するも、なぜかまだ遊びと云うか、ゆとりが・・・
  そつ無くまとめすぎなのか・・・? 音楽って難しい・・・

 ・ドクター☆ mini -元気を出して-
  リズムがベースのみは厳しいか・・・ 
  混声で男性が1人も厳しいか・・・
  ドクターだけに「元気を出して」は伝わりました。

 ・ジョブナイル -恋におちて-
  メインの甘いハイトーンの心地よさでもってく感じすね。
  結局、Ban B Crew でなく、こちらが勝ち抜けたのは、全体的なレベル的に大差が無いのなら、新しいグループの次のパフォーマンスを優先、となったよーな・・・
  それぐらい僅差に思えました。

  C ブロック
 ・どんぐり -崖の上のポニョ-
  ご他聞に漏れず、この曲サビしか知りませんが、大サビに至るまで明確なリズムを出さずに引っ張るアレンジは見事。
  各パートも適材適所で、混声具合もパートのバランスも見事。

 ・よかろうもん -ダイナマイト-
  曲をやる前に、天才ボイパの腕前を披露したが故に、本編が霞んじゃったよーな・・・
  しかし、ボイパ君恐ろしい・・・ そのまま即食えるでせう。

 ・タートルズ -銀河鉄道999-
  このブロックでの番組制作側の策略的な感じが・・・
  A ブロックの例といい、彼らの大事にしているであろー楽しいスタイルが、こーいう形では活かされないよーな・・・

 決勝
 ・Link The Light -卒業写真-
  あえてバラードの選択は・・・
  やはり再度アップな路線のフォーが勝機が・・・
  でも、メインも各パートも混声のミックス具合はここでもすばらしい。

 ・ジョブナイル -TSUNAMI-
  アレンジ面での攻め方か・・・
  メインの甘いハイトーンに頼るなら、そっちを徹底すべきだったんか・・・ 
  う〜〜〜ん・・・

 ・どんぐり -もののけ姫-
  ポニョよりアレンジは正攻法でしたが、ベース担当のアレンジャーの実力が、ここでもイントロから光ってました。

 と、云う事で優勝は「どんぐり」さん達でした。
 5月から引き続きのグループもありましたが、結果を見ると「新しい風を欲してた」って感じでせうか。
 しかし、毎回思いますが色々勉強になります!
 次回はいつかな? また楽しみです。

 P.S.
 う〜〜〜ん、審査中の OB のパフォーマンスコーナーはそれはそれでいいんすが、テレビ放送では前回みたく敗者復活グループを選んでパフォーマンスさせるとか、してほしかったすねぇ・・・
 もしくは決勝進出グループには、持ち時間を90秒から120秒にするとか、ね!?
 あと参加グループのバランスとかもあるのかもですが、現状ではおもしろ系グループは、そのスタイル自体が審査上のハンデになってるよーに見えますが・・・ 
 それがテレビなんすか!?
 怖いっちゅうか、なんちゅうか、う〜〜〜〜〜ん・・・

posted by ta at 23:48| Comment(0) | TrackBack(1) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

iPhone 3G 祝来日!

 書きたいアルバムのネタはあるんですが、とにかく今は、これっしょ!
 ついに来ましたね。
 7月11日来日やそーで。
 でも、予約で在庫切れになるやないすかね・・・?
 199ドルやと、そこまで行かんか・・・?
 いや、やっぱ行きそーすね。
 
 前々からずぅ〜〜〜っと思ってたし、大昔に同じよーな事を書いたかもですが、
 「音楽ファイルの形式、なんとかならんの?」
 と。
 多分、皆さんもそーやないすかね?
 PC に鬼のよーにある mp3 を、PC でしか楽しめん・・・
 いや、もちろん iPod やその他のプレーヤー持ってれば、それで聴けるんですが。
 iPod と携帯で、ジーンズのポケットをモコモコさせて歩くんはどーも・・・
 さらに財布でしょ、鍵類でしょ、むっちゃモコモコやん・・・
 え!? 全部ジーンズに入れるオマエが悪い・・・
 まぁ、それもそーですが。
 しかし、財布と鍵類は仕方ないとして(オサイフケータイにしたらええやん!って、 確かにそーなんすが・・・)、mp3 プレーヤーと携帯を別々に持たんで済むだけで、なんか非常に嬉しいんすけど!
 もちろん、過去に今の携帯のミュージックプレイヤーに大量の CD からデータを入れて聴いたりしたんですが、どーも音質がね・・・ 今は、もーちょいましなんすかね・・・?
 それで、今皆さん車で iPod 聴いてるでしょ!?
 私も前々からこれはしたくて・・・
 ず〜〜っと迷い続けてましたんで、そんな悩みも iPhone で解決ですやん! ねぇ!

 ただ、音楽やる端くれとしては、さらに REC するものがやはり欲しくはありますが、これは敢えて携帯と同じで無くてもいいかな・・・と云う気もせんでもない。でも 8G も容量あるんなら、使えたら便利かも知れんすけど、まぁそんな使い方は一般的やないでせうから、そこまではまぁええかな・・・ と。
 今、携帯で音録音したりビデオ録画したりしてサイトにアップしたりしてる人らにとっては、その機能が無くなるんはちょっと辛いかも知れんですね・・・
 後、ワンセグも無いし・・・
 個人的にはワンセグは無けりゃ無いで我慢出来るけど、折角の大画面やし今後機能付けて欲しくはありますわね・・・
 まぁ、多分後々(1年後か、2年後かわからんけど・・・)その内解決するんやないすかね?
 しかし、そのへん全部解決したら、日本の携帯シーンは席巻・・・ もありえそーな。
 SB 一人勝ちなな時代も近い・・・ ってのは云い過ぎでせうか?

 P.S.
 これまでは別に携帯会社なんてどこでもいいわって感じでしたが、ついにこれで本気で見直す時が来たな、と、そんな心境っすね。
 多分、すぐには無理やろーけど一度自分の契約内容チェックせんと、っすね。

  
posted by ta at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

K-1 WORLD MAX 2008 日本代表決定トーナメント

 ちょっとこのネタ時間経っちゃってますが・・・  いっときます!
 
 いやぁ〜、久々に格闘技の投稿出来て正直嬉しいです。
 一昨年あたりまでは何かにつけ取り上げてたよーに思いますが、PRIDE の地上放送が無くなって(PRIDE 自体無くなったんすかね!? よう知りませんが・・・)以降も K-1方面を中心にチェックしてはいたんですが、年末の「ヒョードル × ホンマン」も久々の "氷の皇帝" の登場にはワクワクしたものの、ほぼ予想通りの結果でしたんで取り上げるまでもなく・・・
 個人的には ヒョードル × シュルト を組んでもらって、
 「皇帝がオモロイ試合ってのをシュルトに教えてやって欲しい」
 とは思ってますが、まぁさっさとこの組み合わせをしてしまうと楽しみが減るっちゅう意見もあるでせうし、それは今暫く待たんと、って感じでせう。
 
 話がそれましたが、今回の「日本代表決定トーナメント」痛快でしたね!
 こんなにドツキ合いが展開されたトーナメントって昨今あったでせうか!?
 しかも日本人主体の試合で、ねぇ!?
 まぁ、あまり殴り合いを絶賛するよーな事ばかり書くと、私個人の人間性をどーこー思う方もあるかもですが、そこは一定のルールの下、それを熟知した試合巧者な選手により結果的には白熱しないソコソコな試合になっちゃうってな事も侭ある中、今回ばかりはどの試合もほとんどが真向勝負と云っても過言でない内容で、
 「その姿勢に痺れた〜!」
 という事です。
 正直、決勝になんとか残った HAYATO選手なんて、見る側としてはワクワクさせてもらったものの、反面どの試合でも相当のパンチを受けてたので
 『あんな試合して選手生命、大丈夫かなぁ・・・』
 と思ちゃいましたしね。
 そんな中、今回抜群のパンチ力に私が魅了されたのは "中年王子" こと前田宏行選手でした。
 まぁ、あの突進力は凄まじかったっすね。勢いだけで云うなら PRIDE のバンダレイ・シウバを彷彿とさせるぐらいにパンチを繰り出してく時の圧しは凄かったです。
 しかし残念ながらこれに勝てば決勝ってところで肘を脱臼して TKO・・・
 年齢的なもんもあるかもですが、あのパンチ力は可〜成り魅力的と思うので、また怪我を直して今度こそ本物の "中年王子" の実力を観せて欲しいもんです!
 結果、優勝は城戸康裕選手。
 この人の1回戦、2回戦はあまり印象に残ってないんですが、決勝のHAYATO選手との勝負はどちらが勝ってもおかしくないくらいのこれまたドツキ合いの内容で物凄かったです。

 まぁ、ほんと見てる側は、
 「おぉ〜〜〜!」とか「うおぉ〜〜!」
 とか云って始終ワクワクドキドキさせてもらいましたが、今回は内容が内容だっただけに反面
 『各選手のダメ−ジは如何程のもんなんか・・・?』
 と、これほど気になった大会も久々です。
 とにかく選手の方々には、さらに鋼のよーに鍛えてもらって、次回もまた今回のよーに熱い試合を是非観せて欲しいもんです。
 「いいぞ! 日本人!!」

  
posted by ta at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月31日

今年も1年、ありがと〜でした!

 いやぁ、毎年云うてますが "あっちゅう間" でした。
 後半は週1ペースになっちゃいましたが、まぁご勘弁ください。

 で、この時期あちこちのブログを拝見してますと、皆さん〆って事で総括みたいな感じの話題が多いんですが、私のところではここに移って来てからも、その前も、んな事は一切おかまいなしでして・・・
 だからって訳ではないですが、今年は総括めいたもんをやってみよかいな、と思っとるのです。
 
 私の投稿はほとんどが音楽ネタですんで、まずは「アルバム・オブ・ザ・イヤー」と云う事になるんでせうねぇ。
 で、一応3作品ばかり選んでみました。
  Gal Costa / Ao Vivo
  Us3 / Say What !?
  Kiyoshi Kitagawa Trio / I'm Still Here
 正直、他にも僅差のアルバムは多々あるんですが、とりあえずこの3つにしときませう。
 云うときますが、上の並び順は関係ないですよ。どれも甲乙つけ難い中の3つなのです。
 興味のある方は本編を見てやって下さい。

 で、後は私自身の活動ですわね。
 ご存知のよーに、結局今年も思い描いてたよーに勢力的には動けてないんですが、それでもそれなりの結果は残したかな、と。
 <制作曲>
 ・アーデン・ダンス(パルチド・アルト)
 ・メジャー調、ミドルテンポ
 ・オールドラテンフレーバー(に斬新さを注入)
 ・最新アップ
 <ライブ>
 ・にしきた音楽祭
 ・Knave
 ・ラグタイム
 ・ストリート 4回(梅田・心斎橋)
 ざっと、こんな感じです。
 曲は一応4曲、いづれも過去ネタは一切ない、ってところは大いに満足です。
 ただ歌詞が追いついてないんでタイトルが上のよーな状態ですが・・・
 ライブは少々足らんですねぇ・・・
 来年はササッと動けるライブを増やして、同時に温もってきた段階でカタチにするよーにしたいっすね。

 まぁ、そんなこんなで今年も終わりっす。
 相変わらずレビュー紛いのもんは書いてくでせうから、それぞれのアーティストを深く愛するファンの方には、ここでのそれらの師匠方に対する私の呼び方や言動にご立腹される事もあるかもですが、何卒そこは "私なりの愛情表現故" と云う事をお判り頂きたいのと、後、
 「ゴチャゴチャ云うなら、テメエがもっと頑張らんかい!」
と、そーお思いでせうから、来年はもーちょい某か自分の記事を増やせるよーにやっていきたいと思っとります。
 てな事で、皆さんありがとーございました。
 来年も引き続きよろしゅ〜お頼も〜します!

posted by ta at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。