2012年07月14日

ta's レポート:July

 ついに、
 オリンピック同様近づいて来ました

  7月21日(土)
  daaakah Live @ Beat In
(地下鉄 御堂筋線 あびこ)

 先日、
 その最終リハを終えまして。
 序盤こそ、
  ん!? 勘が掴めん…… (汗)
 みたいな気がしたものの。
 それも束の間、
 気づけば気持ちよ〜やっとりました!(嬉)
 

 それと、
 内部事情で、なんかかんか二転三転ありましたが、
 それも、ここへ来て漸く落ち着きをみせそうで。

 
 と云う事で、
 半年ぶりの "新生 daaakah" に
 乞うご期待下さいませ!

 --------------------------------------------------------

 本投稿と全く関係ないのですが、
 ちょっとアップしたいな、と思う音がありまして。
 聴き返すと、
 色々あーしたい、こーしたい、と思うところはあるのですが、
 それはそれとして。
 手前みそながら、
  なんか、オモロいなぁ〜!
 と。
 そういう訳で、ご興味があられましたら↓にてご試聴くださいませ。
 (ミュージック→すべて見る 6. Straight, No Chaser

posted by ta at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Ndenua & ta's Live info | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月17日

ta's レポート:June

 あまりに久し振りのレポートで
 様式とか一切忘れて……

 いやいや "様式" なんてと云うほどのモノなど
 もともとあった訳もなく
 気にせず、いきませう!(笑)


 7月21日(土)
 daaakah Live @ Beat In
(地下鉄 御堂筋線 あびこ)

 決定です!
 昨年末から、はや半年……
 色々説明すれば長くなる "大人の事情?" により
 滞っていました私のトリオが、ようやく再始動!
 これまでよりパワーアップしてお届けする気満々ですので、乞うご期待!
 詳しくは、また近々。


 
 そして、ここからは Ndenua について。
 こちらも大人の事情により、なかなか再始動出来ずにいましたが
 ようやく秋口にお披露目できそうです!
 昨夜、こっちこそ本当に久し振りに宴会の席を設けまして。
 大いに呑み、大いに食べ、大いに語り、
 いやぁ〜、楽しかったっす!(嬉)
 そして〆にはオケにも行き、
 これまた楽し過ぎたんですが、
 今、思うに
 とても普通の人らのオケの楽しみ方やないなぁ〜!
 と、冷静に感じたりしとります。(笑)
 まぁ、
 誰しも気を遣わず本気で楽しむと、
 多少はヘンテコな事になるんでせうが……
 多分、皆さまには何を加工がほぼ伝わらないでせうが
 音楽を愛してる方なら、私らの現場は大いに楽しめるでせう!
 と、それだけは云えそうです。

 それはそれとして。
 Nde もライブへ向かい着々と準備をすすめておりますので、
 こちらの今後の情報にも、ご期待ください!
posted by ta at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | Ndenua & ta's Live info | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月30日

Roy Hargrove Quintet - Strasbourg Saint Denis

 ゴールデンな日々がスタートし。
 "高槻る" 予定も、"新開地る" 予定も無いなぁ〜
 とか思いながら過ごす2日目。

 朝方、ブ〜〜〜ンと震えた携帯のメッセージに
 『まぁ、そうやろな…… 』
 と的中した予想に意気消沈しつつ、ウダウダゴロゴロしてますと。
 しばらくして
 再度、ブ〜〜〜ンと震えまして。

  ー 捨てる神あれば拾う神あり ー

 とばかり、そのメッセージに喜ばされ
 人生初、4月と云うのに「ガデーン」をば攻めてきました!(喜)

 やはり前日から「口がお酒を迎える」準備に入ってただけに
 その気持ちを宥めるのに苦労しそうや…… と思ってましたが
 多少の肌寒さなどどこへやら、大いに楽しませて頂きました!(笑)


 
 で、
 高槻らず新開地らない肝心の音楽活動のその後は?
 と云いますと
 ゴールデンの終盤に daaakah のリハを予定し
 今月半ばには本編の Nde の予定もあり
 2つともそろそろ Live へ向けて動けだせそうな感じです。


 では
 最後にちょっと懐かしい1曲。
 Paris 2007, New Morning Club でのライブ。

 

 少々、ドラマー1人が盛り上がりすぎてますが、実にビールが似合う演奏で。
 ゴールデン後半も、 んな感じで上機嫌でいきませう!

 
posted by ta at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Ndenua & ta's Live info | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月19日

ta's レポート:Dec 2

 と云う訳で。
 2011のライブ納めて来ました。

 今年の春から始めたトリオ
  "daaakah"
 も計4回のライブをこなし
 一定の某かは見えて来たような気もいたします。
 なので、
 ここらで1回、今後の動きに向け "酒" の力なんぞも借りながら
 企画会議?でも行おうかな…… とか模索中やったりもします。



 まぁ、それはそうとして。
 今回のセットリストいきませう。

  Another Face ☆
  Feel Like Makin' Love (Eugene McDaniels)
  Ardent Dance
  Home is Where the Hatred is (Gil Scott-Heron)
  People Make the World Go Round (Thom Bell, Linda Creed) ★
  Over Time ★
  Softly
  Close to You (Burt Bacharach, Hal David) ☆

  All compositions by ta & daaakah except as indicated

 以上、計8曲でした。
 ちなみに ★:今回初演 ☆:2回目 です。


 
 で。
 最後に今回のカバーの原曲聴いてみませう。

  


 いや! やっぱこっち↓で決まりですわ!

  

 このバージョン見つけた時、

  すわ! Vocoder か Talking modulator 導入!

 みたいな話に一瞬盛り上がってなりかけたんですが、
 まぁ、そこは大人な判断で……

 しっかし、
 さすが "ビビービー" 師匠、恰好良すぎますわぁ〜!
 後ろの恰幅のいいベーシストも、これまた渋いすけどね。
 


 と云う事で。
 ライブにお越し頂いたお客さま、
 対バンして頂いた "湊川ロマンチカ" の皆さま、
 Beatles のマスター&ママ、
 本当に、ありがとうございました! m(_ _)m

 そして、すべての皆々さま、
 来年も daaakah をよろしくお願いたします!  m(_ _)m
posted by ta at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Ndenua & ta's Live info | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月14日

ta's レポート:Dec

 今回の投稿は
 あと4日と迫って来ました "コレ↓" です。

 daaakah 4th Live @ Beatles(四ツ橋)
  Date 12月18日(日)
  Open  19:30
  Start   20:00
  Charge 1,500-(ドリンク別)
  Place  Beatles 四ツ橋
       西区新町1-24-8 マッセノース四ツ橋ビルB1F



 天気予報によると
 晴れのようですが、気温が低くてチビしそうです……

 ですが
 われわれと共に "Hot" に盛り上がって
 今年の残りを乗り越えませう!(笑)

 皆さまのお越しを、お待ちしております!!
posted by ta at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Ndenua & ta's Live info | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月23日

ta's レポート:Nov

 次回ライブの詳細が決定しました!
 場所も daaakah の今年の〆に相応しく
 1st ライブを飾った Beatles にて行います。

 daaakah 4th Live @ Beatles(四ツ橋)
  Date 12月18日(日)
  Open  19:30
  Start   20:00
  Charge 1,500-(ドリンク別)
  Place  Beatles 四ツ橋
       西区新町1-24-8 マッセノース四ツ橋ビルB1F


  その他出演 湊川ロマンチカ(jazz)



 今回、
  ・オリジナル 1曲
  ・カバー   1曲
 を新たに追加したい、と考えています。

 一応、カバーの目処は前回リハで見えたようですが
 オリジナルは次回から手掛けるので
 その出来次第、ってところです。

 それでも
 まぁ、なんとかなるやろっ!
 と思ってますので、それらも含め
 今回も楽しいライブにしたいもんです!


 
 そして今回ご一緒頂く
  "湊川ロマンチカ" さん
 バイオリン、アコギ、ウッドベースと
 抜群の雰囲気の Jazz を聴かせてくれます。
 こちらもお楽しみに!



 それでは皆さま、是非お運びのほどを〜!
posted by ta at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Ndenua & ta's Live info | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月19日

ta's レポート:Sep 2

 昨日はあいにくのお天気でしたが、
 われわれ daaakah のサードライブが敢行されました!
 結構な雨量の中来て頂いた
 私の個人的なお客様方に、まずは感謝です! m(_ _)m
 そして、他の3組がお目当てのお客様にも有り難く思っております。


 そうしたお客様にはこう云うと怒られるかもですが、
 私の行き帰りは "なぜか?" 全く雨にあいませんで……
 申し訳ないなぁ〜と思う反面、
 『さすが、日頃の行いが…… 』
 などと、小さく悦に入ってたり……   あ、いや、失礼。(笑)



 さて、演奏リストをアップです。

 1. Feel Like Makin' Love (Eugene McDaniels)
 2. Ardent Dance
 3. Another Face(初出)
 4. Home is Where the Hatred is (Gil Scott-Heron)
 5. Softly   ↑に Ndenua バージョンの試聴あり
 6. Close to You (Burt Bacharach, Hal David)

 アンコール
 7. You've Got a Friend (Carole King)

 以上、7曲。
 タイトルの後に作曲者名のないものはオリジナル曲です。



 改めてこうやってリストアップしてみると、
 まず MC で、Eugene McDaniels を、マクドナルドって云ってしまったような…… (汗)
 こんな好い曲を作る人の名前を間違ったらあきません!
 Roberta Flack や Marlena Shaw で話した方が早いのは判ってましたが、
 そこを敢えてしないってところが "コダワリ" やったんですけどね……

 あと、
 今気づきましたが、Close to You は Burt Bacharach やったんですね。
 Burt Bacharach さんの曲は勉強になるんですよねぇ〜
 大体うちのバンドは、カバー曲は1ライブで1回演奏して終わるケースが多いんですが、
 そうと知ると今後もやりたくなってきましたねぇ〜

 それと You've Got a Friend、
 快く?アンコールさせて頂いた
 The Breathtaking Band さんと、睡蓮さんに感謝です。 m(_ _)m



 って事で、
 daaakah はサードライブとなって若干の油断があったのか、
 MC 以外でも "ユルい" 感じになってしまったところが何カ所かあり、
 少々不本意でしたので、
 次回はそのあたりをしっかり締めた演奏にしたい!
 と切に思っております。
 ですので、
 これに懲りずに、是非次回(年内にもう1回と考えております)もお運びのほどを!


 ありがとうございました!  m(_ _)m


 

 

 

 
posted by ta at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Ndenua & ta's Live info | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月11日

ta's レポート:Sep 1

 昨日は daaakah のリズム隊のお二人が
 別に活動してますバンドのライブを覗いて来ました。
 "別に" などと云うと、
 私とは全くの無縁のように思われるかもですが
 そうではなく、
 私も Sax で何度かお手伝い(出来たのかどうか…… ?)をさせて頂いた事のある
  松原旅行企画
 のライブでした。


 ちょっと距離はあったのですが、
 イベントに興味がわいたのと、
  『そういえば、伊丹って空港以外行った事ないな…… 』
 と云う街への感心もわきまして出かけてきました。

 
 ところが。
 少し早めに出たつもりが、
 なんとなく予感はあったものの、駅から迷いまして……
 開場に着いたのが、演奏開始5分前くらいのギリギリで。
 道中、興味を誘う催しもいくつか発見したんですが、
 そんな状態だったので皆目……

 
 会場は、昔の造り酒屋か何かの後みたいなところの大きな天井の高い蔵の中で、 
 空調が無いのは厳しかったのですが、
 独特の雰囲気で、場所もライブも大いに楽しませて頂きました!



 で、
 その1週間後は、われわれ daaakah のライブです!

  2011年9月19日(月・祝)
  daaakah Live @ BEAT IN

  open;18:30 start;19:00
  ¥1,500-(1Drink付)

  BEAT IN 大阪市住吉区我孫子東2-1-3


       第6TYビルB1F(旧東邦産建ビル)

       TEL 06-6607-0225
       地下鉄御堂筋線あびこ駅2番出口北へ徒歩1分
       http://www.k4.dion.ne.jp/~wheel/

 初めていらっしゃる方には、オリジナルは全部新曲みたいなもんですし、
 以前来て頂いた事のある方にも、もちろん今回も新しいオリジナルを用意しております。
 そして、
 思わず一緒に歌いたくなる有名曲のカバーを間に挟みつつ、
 大いに盛り上がりたいと思ってますので、
 お時間許す方は、是非覗いてくださいませ!



 P.S.
 最後に今一度 "旅行" の余韻をば、しばし。

 
posted by ta at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Ndenua & ta's Live info | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月22日

ta's レポート:Aug

 7月のセカンドライブを終え、
 結構すぐにサードライブの企画を始めたんですが、
 なんかかんか段取りに手間取ってる内に、
 8月もあと1週間あまりになろうとする今日この頃、
 よ〜〜〜やく詳細が発表できるようになりました!

 準備に思いのほか時間がかかったので若干疲れかけてますが……


 気を取り直して!


  2011年9月19日(月・祝)
  daaakah Live @ BEAT IN
  open;18:30 start;19:00
  ¥1,500-(1Drink付)

  BEAT IN 大阪市住吉区我孫子東2-1-3


       第6TYビルB1F(旧東邦産建ビル)

       TEL 06-6607-0225
       地下鉄御堂筋線あびこ駅2番出口北へ徒歩1分
       http://www.k4.dion.ne.jp/~wheel/

 daaakah ←われわれのバンド
  Vo & G, B, Ds のトリオ編成
  洋邦のカバー曲とオリジナルを演奏しています。 
  今回、試聴音源にある曲からもやります!


 その他出演者情報!

  YUKO
   オリジナルを中心としたピアノ弾き語り
   もしかしたらドラムが参加かも?

  The Breathtaking Band
   Vo, Key, G, B, Ds 編成
   ポップスなオリジナルを中心に演奏するバンド

  睡蓮
   中国の楽器 二胡 を中心としたインストユニット
   洋邦さまざまなレパートリーを演奏 



 どちら様も、"夏の疲れを癒しに" よろしお運びのほど〜
posted by ta at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Ndenua & ta's Live info | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月18日

ta's レポート:July 2

 gade.jpg 音楽の事ではないんですが。
 今年 "初ガデリ" でしたもんで!(嬉)

 しかし。
 それにしても、超満員でした。
 よく野球中継とかでアナウンサーが、
 あちこち席が空いてるのに宣う、そういうのではなく、
 間違い無く "立錐の余地もない" って感じでした。
 毎年1回は行く慣れ親しんだガデーンなんですが、
 さすがにこないに多いのは、初めてでしたね……
 いやぁ〜、感嘆、感嘆。

 で、
 翌朝、大人の事情で朝 4:30 起きだったにも関わらず、
 いつものようにジョッキが傾きまして……
 起床の瞬間、いささかふらついておりましたが、
 気合いのみで、往復 300 km の車上の人となったのでありました、とさ。

 まぁ、そんなこんなで。
 次回の投稿では、daaakah サードライブの情報をアップ出来るかな?
 とか思いつつ。

 今年はあと何回 "ガデれる" かな?
 こっちもかなり気になる訳で。(笑)
 あと2回くらい "ガデれ" たら御の字すかね……
 皆さんも、ガデりましょうぞ〜!
posted by ta at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Ndenua & ta's Live info | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月03日

ta's レポート:July

 昨夜のライブの余韻が残る心地よい気怠さの中
 節電設定のエアコンの涼しすぎず暑すぎずの空調の効きも何かよろしい日曜の午後、
 皆さま、いかがお過ごしでせうか?


 daaakah のセカンドライブ @ Howlin' Bar
 終える事が出来ました。

  まことに、ありがとうございました! m(_ _)m

 自分たちのお客さんが寂しくて恥ずかしい限りでしたが、
 北摂 Boys さんと BBF Blues Band さんの動員力は凄まじく、まさに "超満員!" でした。
 

 そんな若干厳しい視線を感じる中ガンバって参りました。

  ・Scandal(田島貴男/オリジナル・ラブ)
  ・Home is where the hatred is (Gil Scott-Heron)
  ・Feel like makin' love (Eugene McDaniels)
  ・Ardent dance
  ・Softly
  ・You've got a friend (Carole King)

 演奏曲は以上6曲でファーストライブより1曲増えました。
 1曲目は正直ちょっと緊張しました。
 なんせ1番目の出演で、
 始まってすぐでお客さんに充分アルコールも行き渡ってるはずもなく……
 なんて考えると、
  『粗、丸見えやん!?』
 とか、思ったりなんかして。
 でも、まぁ、
 思いのほか意外と、ソコソコな出来やったかな、と。
 そうなれば、
 後はなんとかなる! って感じで、
 多少ところどころ難もあったような気もしますが、
 ファーストライブに比べれば格段の成長?
 と云えるのではないでせうか…… ね。


 それにしても、ラストの You've got a friend 。
 "超気持ち良かった" すね!
 2コーラス目のサビからは、
 「You just call 〜♪」
 って、お客さん皆大合唱!!
 ライブ終了後にベース師匠が云うてましたが、
  『あんな「ダニハザライブ」みたいな事になるんやな!?」
 と。
 お店の持つ(私も大好きな)雰囲気が「お客さんと演奏者の垣根を低くさせている」のもあるのでせうが、
 いやぁ〜、ほんと最高に幸せでした!

 ライブをやる側でのこういう気持ち、
 なかなか無い事のように思いますが、
 お客さんに感動させてもらいました!

 これこそ「有り難し」なのかもですね〜


 それでは改めまして、
 daaakah のお客様、ありがとうございました!
 北摂 Boys さんと BBF Blues Band さんの超満員なお客様方、ありがとうございました!
 北摂 Boys さんと BBF Blues Band さんも、ありがとうございました!
 そして Howlin' Bar マスター、ありがとうございました!


 次回の daaakah のライブは9月頃を予定しています。
 オリジナル曲も、もう1曲増やして3曲はやりたいかな黒ハート
 っちゅうか、曲もやけど、
 daaakah のお客さんを、増やさんと! でしょ……(泣)
posted by ta at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | Ndenua & ta's Live info | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月20日

ta's レポート:June

 4月の初ライブから約2ヶ月
 私の始めたトリオ "daaakah" のセカンドライブ決定です!

 daaakah live @ Howlin' Bar
 7月2日(土)
 19:00 open
 20:00 start
 チャージ 1,000-


 合計3バンドで出番はトップの予定です。

 内容は、
 これまでに Ndenua をはじめバンドと共に作ってきたオリジナル(もちアレンジは変えてます)と、
 今回は Ndenua の初期、ボーカル師匠加入前に1度披露した事のあるラテンな1曲を
 数年ぶりにアレンジも新たに披露予定。
 さらに、洋邦のカバー(皆さんが知ってるような曲もあります)も織り交ぜながらお届けします。
 ちなみにここだけの話ですが、
 邦楽カバーは "オリジナルラブの曲" を予定、何をやるかは乞うご期待!

 Nde よりクオリティは下がるかもですが、
 Nde にはない多少 Rock なテイストもあったり、
 トリオの自由さ、も見所だと思うので、
 日頃の気晴らしや息抜きに、是非おひとつ!(笑)
posted by ta at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Ndenua & ta's Live info | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月21日

LACA debut live !

 16日に引き続き、
 24日(日)もデビューライブでして。



 こちらは元々は
 去年3回ほどライブを行った
  "ターサターサ"
 の延長? まぁ、布陣的にはそう云えなくもないような……

 今年になって、
  ベース、ドラム、ボーカル
 の3人が新たに加わり
 それまでとは内容をはじめ全体的な様相を変えつつあります。
 元々、
 ターサからの流れで、私が仕切りらせてもらってきたのですが、
 状況を踏まえてそれを退き、
 さらに、
 本ライブ後にメンバー変更もある予定で、
  "本当の意味での新しい形"
 に向かう過程の真っただ中にいる、そんな感じなバンドです。



 そんな LACA の初ライブ

  びわこ JAZZ フェスティバル in 東近江 2011
  4月24日(土)15:00〜  スマイル・ネットステージ


 にて行われます。

 ちと遠いでが、
 大河ドラマ「江」めぐりとか、バーベQか何かで
 びわ湖に遊びがてらって方などいらしたら、
 「3時のおやつ」がわりに是非おひとつ!




posted by ta at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Ndenua & ta's Live info | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月17日

ta's レポート:April

 と云う事で、
 デビューライブ終わりました。


 まぁ、事前準備は
 実質 2時間? 2時間半? 
 とすると上出来の部類だったのかも? 知れません。

 しかし、
 まぁ1曲目から

  「ピンポンパンポ〜〜〜〜ン♪
   ご場内の皆様に迷子のお知らせを致します…… 」

 みたいな状況に陥り、
 しかもその遊園地がちょっと広かったらしく、
 なかなか迷子が戻って来れず…… (笑)


 ともあれ、
 2曲目以降は立ち直りまして、
 2、3、アスファルトの頑丈な道であるはずのところが
 突然綱渡りになってしまうようなところもありましたが、
 それらも含めて、まぁ
  "ほろ苦デビュー"
 と云えそうに思いま…… 思っときます、ハイ。


 で、演奏内容は以下の通りです。

  1. Home is Where The Hatred is (Gil Scott-Heron)
  2. Teachin' My Way
  3. Feel Like Makin' Love (Eugene McDaniels)
  4. Softly
  5. You've Got a Freiend (Carole King)

 2. 4. のオリジナル曲は Ndenua でもお馴染みの曲でしたが、
 daaakah バージョンとしてアレンジを変更してお送りしました。


 と云う事で、
 次回は Ndenua でも取り上げてないオリジナルを増やすフォー向で、
 7月あたりにお会いできれば、と。


 それでは、お越し頂いた皆様、ありがとうございました! m(_ _)m
 対バンさん、ありがとうございました!         m(_ _)m
 Beatles(四ツ橋)さん、ありがとうございました!    m(_ _)m



 あっ! そうそう、
 私の大ポカを云い忘れてました……
 このデビューライブで一部を除いて(もう、ええか! 笑)、
 大いに素晴らしいプレイをしてくれた2人のメンバー紹介を忘れまして……
 さらには、
 当日たまたま都合がついて来てくれ、飛び入りで参加してくれ、
 これまた素晴らしい歌声を聴かせてくれた
 Nde のボーカル師匠の紹介も忘れてました……

 一応、告知はしたものの、
 う〜〜〜ん、納得いかん!

 まぁ、ガッツリ MC したのもいつ以来かわからないので、
 それ以外では、
 会場全体の空気をある程度はリラックスさせる事に貢献出来たんちゃうかな?
 って事で、
 今回はご勘弁して頂きませう!(笑)


posted by ta at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Ndenua & ta's Live info | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月16日

daaakah : debut live !

 なんちゅうか……

 どうしても
  "オリジナルを披露する機会を増やしたい!"
 と云う、
 多分音楽を始めた当初からずっと、
 自分のどこかにいる "何か" が、
 それを遮るものが現れるたびに激しく疼きだすようで……

 結果、こういう運びになりました。

  4月16日(土)Live @ Beatles !
         19:30 open(予定)
         20:00 start(予定)
         
         1,000-(ドリンク別)
 
   編成は、Vocal & Guitar, Bass & Chorus, Drums のトリオ。
   出番はトップ(計3バンド出演予定)

 上に書いたような啓蟄な事情と、
 もともと急遽決定したライブと云う事もあり、
 告知も当日になってしまいました。

 内容は、
 私のオリジナルと洋楽カバーをお送りする予定です。



 今回のこういう自分でも制御しかねる "某かの蠢き" により、
 私の周辺の方々にはご迷惑をおかけしているかもですが、
 それは本意ではありません。

 否応無く突き上げて来る Passion のせいとしか……
 
 って事で、
 そんな私ですが、どうか今後ともお見捨てなきよう、切にお願い致します! m(_ _)m
 


 では、チラッ☆と自分のポイントをばツメて、いざ出陣♪




posted by ta at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | Ndenua & ta's Live info | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月27日

ta's レポート:Feb. 

 いやぁ〜、
 実に久し振りなレポートと相成りまして。
 諸事情により、なかなか肝心な事を発表出来ずに、
 いや、
 発表する決心がつかずに居るのです……

 まぁ、
 そういう諸々はまたの機会にして、
 本日は My Space をば起ち上げましたんで、
 その報告です。

 ただ、このマイスペは Nde 用だけでなく、
 Nde のみならず、これまで私の関わってきたバンドで、
 当時や今のメンバーと共に心血注いできたオリジナル曲を皆さんに聴いてもらえたら、と。
 そんな想いでの起ち上げです。

 現在、計7曲。
 Ndenua:4曲(本ブログの既アップ3曲+1曲初披露)
 dumbnote:3曲(アルバムより)
 ちあみに dumbnote は、現在は稼働していない10人(max 11人)編成
 (Vo, Cho1, Cho2, Key, G, B, Ds, Perc, Tp, Sax)だったバンドです。
 現行の Ndenua は5人編成。
 今考えると、ようそんな沢山のメンバーでやってたな…… と。(笑)

 まぁ、そういうバンドの垣根に関係なく、
 私の曲を次回のライブのお知らせのタイミングや何かの折にふれ、
 これから少しずつアップしていきたいと思ってます。
 って事で、
 今後はマイスペもよろしくです〜
posted by ta at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Ndenua & ta's Live info | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

ta's レポート:Oct.

 本日は
 「ユニット "プラス"」
 のリハでした。
 去年の年末、今年の春、とライブして来たユニット:「ターサターサ」に、
 諸々の大人の事情? により、
 夏頃にドラム・ベースが加わり
 「ユニット "プラス"(仮名)」
 と、ただ今なっとる訳です。

 ちなみに現行レパートリーは、
 Nde なオリジナルから3曲(もちアレンジは変えとります)、
 カバー3曲(Nde ではやった事ない曲たちです)。
 
 とはいえ、
 悠々自適なるペース? にてやっとりますんで、
 6曲とも仕上がり具合があちこち危険で……
 ゆえに、
 人前で披露するには、もう少し時間がかかりそーであります。

 ですが、
 それぞれの曲に粗がある状況にも関わらず、
 おおまかな形が朧げに見え出すと、
 人間っちゅうもんは、早々に "飽き" が来るようで……
  ーー次回、もう1曲増やそか?
 などと、云うてみちゃったり何かしとりまして……(汗)
 
 ほんに物事を覚えるっちゅうのは、
 リハに来てから思い出すんが悪い、のか?
 目標が無いから覚える気にならん、のか?
 はてさて?

 ま、
 やっぱ、こういうバヤイ
 サッサと「目標」作ったフォーがエエ、
 っちゅう事なんでせうねぇ〜 (笑)
posted by ta at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Ndenua & ta's Live info | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月03日

Ndenua レポート:Oct.1

 いよいよ佳境となってきました Rec。
 って事で、
 本日はあいにくの雨でしたが、
 ボーカル師匠の残す1曲にお付き合いをばしてきました。

 例によって、
 ほぼいつもの時間にエンジニアさんと落ち合い、
 いつのもように順調にスタート。
 お互い気がつけば意思疎通が円滑になって来てる事もあってか、
 いやいや、
 ボーカル師匠の力量か、
 過去最高に順調に進みました!(喜)

 まずメインから始めたんですが、
 このメインも声だしを除けば、2テイク。
 いや、
 聴いてる私などは、1テイク目終了次第、
 知らぬ間に足が録音ブースに向かい、
 ズカズカと師匠に歩みより握手を求めてまして……
 つまりは、そういう出来やった、と云う事です。
 ところが、
 師匠としては何かと気になる事もお有りのようで、
 もう1回となりまして。
 いや、こちらも甲乙つけがたい出来でありまして……
 ほんと、
 その場に居れて幸せでした!(嬉)

 ってな具合で、
 エンジニアさんと二人で師匠に喝采を送りながら、小休止。
 Men's ポッキーとコーヒーで話が弾みます!(笑)

 しばらくして、
 コーラスパートへ。
 正直デモ段階では、
  ーー 少々苦戦するのかな?
 と勝手に思ってたのですが、
 いやいや、速い速い……
 ほんと、あっちゅう間に終了と相成りまして。

 まぁ、
 こんだけ自画自賛して、まだ色々云うと、
 ボーカル師匠も、はなはだコソバがられると思うので、
 適当にしとくべきなんでせうが、
 過去に録音してきた曲ももちろん仕上がりが楽しみなんですが、
 今回も、また非常に仕上がりが楽しみ、
 とそんな気分で帰路につけました!(嬉)

 と、なると、
 やはり自ずと私の録音問題になってくるのですが……(汗)
 今回、正直ボーカル師匠の力量に大分圧倒されてもた…… のですが、
 そうも云うてられず……(泣)
 なんとか、その刺激を自分の発奮材料にして、
 速やかに、
 粛々と、
 前向きに、
 国内法に基づいて、
  ーー いやいや……
 バンガるしかないな、と!

 ハァ〜〜〜〜、エラいこっちゃあでぇ〜〜〜〜(泣笑)
posted by ta at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Ndenua & ta's Live info | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

ta's レポート:July 2

 前回投稿の翌日。
 ンデなベース師匠がこれまた心血を注ぐ
  "松原旅行企画"
 のライブが堺筋本町で実施されました。

 で、
 そこの "添乗員さん(リーダーさんの事です。旅行だけに)" から、
 前の投稿でも書いたよ〜に "フェルプス君" バリに指令が下りまして
  プゥ〜〜〜〜♪
 っと前回のミナミでのライブに引き続き吹いて来たのです。

 とはいえ、
 私の参加は2セットの内の5曲で、
 いづれもステージの途中で "ハクション大魔王よろしく?" 登場し、
 って感じで(出ていく時は、少々照れましたね……)。
 その上、
 個人的な山場は1st セット目でしたので、
 前日のンデライブよりは、気持ち負担は軽く臨ませて頂き、
 演奏者とお客さんの両方の雰囲気も味わえ、
 ビールも気兼なく楽しませて頂き、恐悦至極でございました!(笑)

 実は今回のライブは旅行さんにとっては
 「レコ発ライブ!」
 と云う大事なものでして。
 なので、私も気楽とはいえ、
 "しっか" とやれる事はやったつもりでありますが、
 旅行な皆様に納得頂いたかは、はたして…?
 いや、大丈夫でせう…
 と、思います。(苦笑)
 
 で、
 そのアルバム、私も早速聴かせて頂いたのですが、
 いやぁ〜
 同じ曲作りする者の端くれとして、大いに刺激になります。
 アルバム中3曲は旅行ブログで試聴出来ますが、
 試聴曲はアルバムに納められてる曲とは別バージョンとなっています。
 「商売上手ですよねぇ!」
 ご興味のある方は是非両方をお楽しみくださいませ!

 さぁ〜〜〜
 これまで何度もこの場でこういう事云うて来ましたが、
 ほんま、ンデもアルバム作業進めなあきません!
 ボーカル師匠とエンジニアさんと相談して、
 次回のライブあたりには皆様に…… 
 とか、云いたいよねぇ〜〜


 最後に、
 私が参加してベース師匠が弾き語った原曲を見つけました。
 もらった音源とはバージョン違いのようですが、
 個人的にはもらった音源のフォーが好きかもです揺れるハート
 当日現場でベース師匠に歌詞の意味を尋ねたんですが、
 「 "耳鼻科に向かう地道" の歌!」
 とかハグラカされ、今もって歌詞の意味全くわかりませんが、
 それでも、なかなか格好よろしい曲です!

 

 聴きながら、↑このジャケット見てると、
 なんかどこぞで見覚えあるよ〜な……
 
 で、その曲をやってる誰かさんたち。


posted by ta at 21:55| Comment(2) | TrackBack(0) | Ndenua & ta's Live info | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

Ndenua レポート:July 2

 約2ヶ月と少しぶりのライブでした。
 暑い中、足を運んで頂いた皆様、本当にありがとうございました! m(_ _)m

 内容は、
 ンデの師匠方の意見を細かく聞いてないのですが、
 私としては、小学生が塾の先生とかに、
 「あなたは、やれば出来る子やのに……」
 と云われてるイメージが浮かぶような、
 ほんの少〜し、何となくホロ苦〜い気持ちが……

 とりあえず、セットリストです。
  ・For a While(試聴曲↑)
  ・Honey Drop(新曲)
  ・Inside My Love(Minnie Riperton カバー)
  ・Traverse(試聴曲↑)
  ・State Of Mind
  ・Teachin' My Way
  ーーーーーーーーーーー
  ・Softly(試聴曲↑)
 以上、7曲でした。

 この Minnie さんの原曲知らない方のために貼っときます。
 "現超音波" が Mariah なら、この方が "元祖超音波" ですわ!

 

 さらに、
 この曲を取り上げる事になってから、
 ボーカル師匠から、こんなバージョンも教えてもらいました。
 しっかし、Carleen 声低過ぎるやろ〜

 

 あと、
 もう1つ大分参考にしたバージョンがあるんですが、
 それは皆さんご自身でお探しを!
 

 まぁ、
 今はとにかくプレイバックを聴いて冷静にジャッジをして、
 また次回に臨みたい!
 と思います。
 次回は9月か10月あたりになりそ〜ですので、
 また詳細決定次第お知らせします。
 あぁ、その頃にはアルバム完成してたらええなぁ……?


 そして、
 今回対バン頂いた The Pleasures さん。
 サウンドもルックスもしっかりご自身のスタイルを持っておられ、
 大いに勉強させて頂きました。
 皆さん、とても素敵でしたが、
 個人的には、
 キーボードさんのトーキングボックスに痺れ、
 ギターさんの "これぞストラト" な音に痛み入り、
 ドラムさんはひたすらクールに、
 ボーカルさんは水をこぼされ、
 ベースさんは、色々ありがとうございます!
 そんでもって、
 何と云っても "コーラスのおネエさん" が…黒ハート
 
 またのご一緒をお願いしてきましたが、
 これ以上ふざけると、
 ご挨拶だけに終わってしまう危険性が出てきそうなので、
 このくらいにしときます!(笑)

 最後に、
 見てないと思いますが、Howlin のマスター
 ありがとうございました!


 ほな、昼から "旅行" に行ってきまぁ〜す!
 
 
posted by ta at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | Ndenua & ta's Live info | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。